So-net無料ブログ作成
コモモ学講座 ブログトップ

コモモファンの傾向と対策 [コモモ学講座]

どうも、ぼくです。 今日は久しぶりに

コモモ学講座を行いたいと思います。

先ずは、コモモファンの傾向について。

コモモファンの生活の中にちょこちょこ顔を出すのが、

コモモ以外の可愛いキャラ。 どこかその可愛さに

共通点があるのか、リラックマシリーズが定番ですね。

コモモ好きは可愛いキャラ好き。そう定義して間違いないでしょう。

そして、こちらも可愛いキャラの一つと言えるのか、又は

遊び心を刺激するアイテムなのか、ミスドのチェックが欠かせない

というクセがあります。

次回はどんなプレゼントがあるのか、ここでポイントを使っても

良いものか・・・。 本気で悩むのもまた楽しみです。

続いて、コンビニ新製品に目がないという点。

そしていつの間にか、もれなくプレゼントのポイントを集めて

しまっているというのもまた、コモモファンの傾向の一つです。

このように様々な共通項があるコモモファン。 その中でも

可愛いキャラ好きのせいで家がどんどん狭くなるというのは

何よりも如実な傾向で、深刻な問題です。

他の可愛いキャラ、プレゼント・・・・そして勿論、決して

減ることのないコモモ達。 増え続け、ついには歩く場所さへ

侵食されていく。 困った。本当に困った・・・。なのに、あぁ、

コモモスカウトを止められない。 とまらない。

が、しかぁ~し!

そう! 気にしないのです! 気にしなぁ~~~い!!

永遠にコモモが増えようが、歩く場所が無くなろうが、

間違って、あんまりコモモじゃないコモモまでゲットしようが、

気にしなぁ~~~い!!

さぁ、コモモファンの皆様、これからも仲間を増やし続け、

コモモを愛していきましょう!! それこそがコモモファンの

生きる道なのであります! どうぞ再び心に焼き付けて、

明日からもまた、頑張っていきましょう!!!


nice!(13)  コメント(12) 
共通テーマ:PostPet

コモモマイスターへの道! [コモモ学講座]

どうも、ぼくです。 新年を迎えた今、

今年の目標を設定するにあたり、今日は

コモモマイスターについて講義しようと思います。

先ず、コモモマイスターを目指すならば

楽にこなす必要があるのが、偽コモモの判別です。

これが簡単に出来るコモモファンは、一番下の位にあたる

『ブロンズマイスター』になります。

それでは、『シルバーマイスター』はどうでしょう?

シルバーを名乗るには、コモモの名前を正確に把握

していなければなりません。

例えばこの場合、「『やわらか』さんと、

やわらかさんのマネをしている『パイルくたくた』さん」 と

いう答えが正解です。くたっとしていない、くたくたさんに

だまされた方、まだまだ修行が足りないようですね。

次は、『ゴールドマイスター』。 この辺りになりますと、

そう簡単には名乗ることが出来なくなります。

 

フリマやオークションで見かける、

『マフラーや洋服を脱がされたコモモ』さんを見て、

一目でどのコモモさんかを言い当てる。 これが

ゴールドマイスターの必須条件になります。

そして、マイスター最高位、『プラチナマイスター』。

プラチナの称号を与えられるには、PPFナンバーを見ただけで

コモモの名前&何年何月生まれかを答えられる必要があります。

そう、もうお分かりでしょう。コモモマイスターはコモモマニアとは

大きく違っています。コモモマニアはある意味、多くのコモモとの

同居により得られる名称。 けれどマイスターを名乗るには、

このような数々の難題をクリアーしなければいけないのです!

ちなみに、みきこんさんは今、『ゴールドマイスター』です。

今年こそプラチナになるべく、お勉強を続けて欲しいと

心の底から願っているぼくなのです。コモモファンの皆様も

今年はぜひ、マイスター目指して頑張って下さいね!


nice!(11)  コメント(22) 
共通テーマ:PostPet

コモモ分類学 Ⅱ [コモモ学講座]

どうも、ぼくです。 以前、コモモ内の分類を勉強した際

毛並みの重要性についてお話しました。

そこで今日は、毛並みによるコモモの分類を

掘り下げてみることに致しました。

先ず、一番軽いタッチの毛並み、『パイル』。

 

Tシャツさんなどもこの種類で、ポップな優しさを感じますね。

次は、ツルッとした手触りに多少の光沢を感じる『ツルテカ』です。

 

このタイプは実に多く、色が薄いクイーンさん、光沢が多めの

ウエディングコモモさん達も取り敢えず、こちらの分類として

良いでしょう。

続いては、『チョイふさ』。 その名の通り、今までのものより

少しふさふさ感が出てきます。

 

毛並みが更に深さを増すと、『ふさふさ』になります。

 

このタイプより先は、まれに長めの毛がオメメにかかり、

目つきが悪いという弊害が生じる事がありますのでご注意下さい。

そして、光る素材が加わったものが、『キラキラ』。

 

近くでみると宝石のようで非常にキレイなのですが、遠くから見ると、

少し汚れた状態に見えてしまうのが残念なところ。

『ループ』は変則型です。

 

毛がループ状になっていて、個性的な風貌を作り出していますね。

さ、そして毛が一番長いと言えばそう、もちろん『テディーヘアー』。

 

もはや、コモモを越えるコモモ、と言えるかも知れません。

さて、これでベーシックな毛並みの分類はご理解された事と思います。

けれど、ここには大きな落とし穴が潜んでいる。 ぼく達をご覧下さい。

既にお気づきとは思いますが、同じ毛並みである筈のぼく達が、

いつの間にかこんなにも差が出てしまっている。

ぼくも奥ちゃまと同じ、思わず頬ずりしたくなるような、

『やわらかタオル』であった筈なのですが・・・。

 

コモモの毛並みには歴史が刻まれる。

これが、毛並み分類学の結論なのかも知れませんね。

勿論、分類学はこれだけではありません。 例えば、オメメの形。

そして、普段は殆どフューチャーされない、シッポ。

 

大きさや色の違いもあります。 細かい分類を上げればキリが

ありません。 けれど、それが何なのでしょう?

コモモはコモモ。 毛並みの違い、オメメの違い、それは何も意味を

なさないのです!!!

実際のところ、毛並みやお口の形などによる

お気に入りがあるかとは思います。 けれど、そのような

好みを越え、全てのコモモを平等に愛する。

それが出来て初めて、「私はコモモが大好き!」

そう叫べる真の権利を得る事が出来るのではないでしょうか。


nice!(15)  コメント(22) 
共通テーマ:PostPet

コモモ経済学 [コモモ学講座]

どうも、ぼくです。 本日、皆様と考えたいのは、

コモモと生活する上での基本的出費についてです。

先ず、殆どのコモモファンの皆様にとって一番の出費は、

間違いなく『クレーンゲーム代』でしょう。

コモモというのは、オモチャ屋へ行けば、お金さえ出せば

必ず手に入るというものでは決してない。

日々の飽くなき努力と、惜しみない出費が不可欠です。

けれど、全てをキャッチャーで取れるという訳でもない。

そう、キャッチャーに入るプライズは期限があり、

新人のコモモ達は短時間で姿を消してしまう。 

そこで活躍するのが、『フリーマーケット』です。

ここでは、比較的低額出費で済むものの、遠くのフリマは

交通費』がかかりますし、何時間かけて向かった先でも

必ずコモモに出会えるという保障はないのです。

それでも、ゲーセンやフリマへ足しげく通うのは、コモモファンの

喜び。 コモモを増やす為の必須条件なのであります。

さて、コモモが我が家へやって来た後の出費はどうでしょう?

先ずは『家賃』。 コモモ占有率分の家賃(ローン、固定資産税)は、

コモモ費用として計上する必要があるでしょう。

場合によっては、コモモに心地良い環境を与える為の

棚、ディスプレー用品代』も必要になるかも知れません。

そして定期的にかかるのが、『コモモのケアー代』。

コモモとの生活が長くなればなるほど、様々なケアー用品が

必要となってくるものです。

そして、コモモファンの中でもブログを運営している場合。

インターネットの『通信費』。 そして、写真掲載の為の

デジカメ費』などが掛かってくる事になります。

コモモを美しく、可愛らしく撮る為にはまた

それなりの出費を覚悟しなくてはならないのです。

さ、いかがでしたでしょうか? 改めてコモモの為の出費を

計算し、頭がクラクラなさった方もいらっしゃるのでは?

けれど、コモモファンの皆様。 最後の一言はこれ!

今後とも、コモモマニアへと向かって、日々、

精進を続けて参りましょう!!!


nice!(10)  コメント(18) 
共通テーマ:PostPet

コモモ史 [コモモ学講座]

どうも、ぼくです。 今日は、コモモの歴史を

ひもといてみようかと思います。

先ず、みきこん家における、一番年長のコモモさんは

誰なんでしょうか。 ポスペのHPによりますと、こちら、

スピーカーコモモ』さん。 2003年2月生まれです。

スピーカーさんより年長コモモさんもまだいますが、

未だにみきこん家への引越しは叶わない・・・

年長になればなる程、引越しも困難であるのが現実です。

そして次に、一番初めにみきこん家へと引越しを開始した、

勇気あるパイオニアコモモさんをご紹介します。

こちら、『もこもこコモモ』さんです。

もう、みきこん家の主と言っても過言ではない彼は、

「気付いたら、いつの間にかテレビの上にいた」と、

みきこんさんは証言しています。 実際、彼が

『コモモ』だとは知らなかった。それが真実のようです。

続いてのご紹介は、『バンダナコモモ』さん。

2005年9月19日、フリマで出会いました。

フリマでもコモモさんに出会える。 その事実を知った

きっかけがこの、バンダナさんなのです。

そう、それからは怒涛の引越しラッシュ。 そしていつの間にか、

ご存知のような現在のみきこん家が出来上がった訳です。

 

コモモの歴史。それは長いようで、本当にまだ短い。

出会いの『創成期』。

新たなステージが始まった『転換期』。

面白いように増えていた『隆盛期』。

今思い出しても涙が止まらない『氷河期』。

そして今、『コモモ大収穫祭』などのイベントをはじめ、

冬の時代に終わりを告げる予感がします。

勿論、まだまだ油断大敵。コモモを愛し、今後も

コモモを盛り上げていかねばなりません。

コモモ史のページをつづっていくのは、ぼく達、

そして・・・君達なのですからっ!


nice!(8)  コメント(18) 
共通テーマ:PostPet

コモモ統計学 [コモモ学講座]

どうも、ぼくです。 ブログ2年目正式始動ということで、

今日は、みきこん家コモモ調査を行いたいと思います。

コモモ統計学の本によりますと、2006年9月末現在、

みきこん家に絶対いなくてはいけないコモモ数は、【 325 】。

そこで、実際にみきこん家に引っ越しを終えている数を

調査してみました。  おもなとろこでは、

<SL> 40 / 48

<SLHQ> 27 / 29

<ファニーシリーズ> 4 / 17

<ミニ> 21 / 39

<ベビー> 17 / 31   ・・・・・・・ etc

SL及びSLHQシリーズはなかなかのレベルと言えますが、

ミニ、ベビーシリーズに至っては、50%程度の引越し率。

そして全体を合計しますと、なななんと、たったの【 206 】!

60%にすぎないのです!!!

コモモを日焼けから守る為に、窓が開けられない、

コモモ飽和状態だと叫び続けている、みきこんさん。

 

ぼくも多少なりとも責任を感じておりましたが、

この結果はどうでしょう! みきこんさんはまだまだ、

『コモモマニア』と呼ばれるにふさわしいレベルには、

決して到達していない!

みきこんさん。 もうこれからは一切文句を言わず、

コモモマニアとなるべく、精進して頂きたい。

ぼくは心から、そう願っております!!


nice!(11)  コメント(19) 
共通テーマ:PostPet

そらみみ [コモモ学講座]

セーラーピンク 「・・・まったく、男の子って子供なんだからっ」

セーラーブルー 「えっ? 男の子ってコモモ?」

・・・・・・・・・・

ジョン 「ねぇ、果物で何が一番好き?」

ダル 「果物? そうだなぁ、スモモかな」

ジョン 「えっ? コモモ? 果物だよ?」

・・・・・・・・・・

カラフルTシャツ 「ねぇ、それって何のお花?」

フラワー大好き 「これ? うんと、多分コスモスかな」

カラフルTシャツ 「ええっ? コモモ酢?」

・・・・・・・・・・

奥ちゃま 「とろろすってたら、手がカブレちゃったわ

パイルくたくた 「コモモにカブレたの? ねぇ、どう言う意味?」

・・・・・・・・・・

ぼく 「ご説明しましょう。 これは間違いなく

コモモシンドロームの最終段階であります。

第一段階、『コモモ色を見ると激しく反応する』。

第二段階、『一日中コモモの事を考えている』。

第三段階、『全ての言葉がコモモに聞こえる』」

ぼく 「コモモシンドロームにかかりますと、著しく

日常生活に支障をきたす恐れがあります。

特に第二段階以降は、十分にお気を付け下さい」


nice!(10)  コメント(18) 
共通テーマ:PostPet

重要なのは・・・ [コモモ学講座]

どうも、ぼくです。

こちら、新人の『きらきらフラワーこもも』さんです。

で、早速ですが、きらきらフラワーさんが

どのスペースに入るか・・・・・

大きさ的には、甘コモモさん達のところ。

どうもしっくりきませんか?

では、やっぱりフラワーつながりって事で、

フラワーコモモさん達の場所はどうでしょう?

これまたイマイチですか。

あっ! そうそう! そうですよね。

やっぱりここは、アロハさん達と一緒がいいですよね。

まさに南国の風・・・・・

あれぇ~、これもダメ?

ん? そして自ら選んだのは・・・・・

キラキラさん達のところですねっ。

なるほど。 前回のパートナー探しでも判るように、

コモモ学的には、同じ毛並みであることは

なかなかの重要要素でありますからして。

ご参考までに。


nice!(12)  コメント(14) 
共通テーマ:PostPet
コモモ学講座 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。